高卒の俺が・・・

高卒の俺が何とか色々もがいて生きたそんな証を此処に記す

「底辺の味」第三話

 

「お腹減った」

「あぁ!?知らねぇよ!てめぇの飯まで面倒見れるか!!大体誰のせいでこんな生活なんだよ!おら、これでも食えよ」

 

 

 

ダン!と僕はカウンターキッチン前に置かれたテーブルにカップラーメンを1つ置いた。

椅子に座ってしょんぼりする彼女は、僕の罵声を受けながらも差し出されたカップラーメンにお湯を入れ1人啜る。

 

僕はと言えば、部屋の隅でただキャベツの千切りを貪りながら怒りと焦りに支配されながら今月の収支表をノートに付けていたのだった。

 

 

収入は彼女と2人合わせて月28万程度。

だが支払いは優に30万を超えていた。

 

原因は家賃7万の新築賃貸だと決めつけていたのは、ここを借りる時に彼女の希望を汲んだから。

オシャレなカウンターキッチン。ウォークインクローゼットにバストイレ別の綺麗な1K。

 

家賃は2人で払えば3万ちょっとだからとそんな約束で借りたはずだった。

 

だが蓋を開けてみれば彼女は親に頼ることが多く、米や車のローン、クレジットカードの支払いまで親に泣きついていた。

僕も恩恵を与ってはいたが、その矛先が僕に向くのは当然だった。

 

食費も家賃もほぼ僕が払う。

 

いつからこうなったのだろうか。

それは別に支払いがどうこうだけの話じゃない。

 

 

 

ここに来た当時は一緒に料理をして、唐揚げを作って味見をし合ったりした。

バーテンダーとして働いた時の知識を活かして僕がお酒を作ってカウンターで出してやった事もあった。

 

他愛もない話でよく夜中まで語り合った。

 

 

そう言えばこの家に来る前も幸せだったように思える。

都下の安っぽい1Rのアパート。

元々一人用で借りたものだった。

 

その頃から別に給料が良かった訳では無いが、その頃は新卒で僕はきちんと社員だった。

彼女は僕がよりを戻して欲しいと頼み、田舎から呼んで一緒に暮らし始めたのだ。

そんな初めての土地にもかかわらず普通にバイトをして家事も頑張ってくれていた。

 

帰りには駅まで彼女が迎えに来てくれて、家までたこ焼きを買って食べながら帰ったりもした。

僕の誕生日にはケーキを作ってくれた彼女の笑顔は、今でも脳裏にしっかりと焼き付いている。

 

 

 

「くそ!クソ!金が足りねぇよ!今月もマイナスだよ、どぉすんだよぉぉ!!」

 

だがこの時の僕にはそんな思い出も、感謝も、愛も、全て金と怒りに支配され見えなくなっていたんだ。

 

 

喚き散らす僕の背にはただ、僕が与えた1つ100円程度のカップラーメンを啜る彼女が静かに佇んでいた。

 

「底辺の味」第二話

 

夕闇が酷く気を重くする。

同じく日雇いだが、別現場で働く彼女の帰りも待たぬまま僕は次の仕事の為にまた駅へと向かう。

 

今日は夜勤が無いのでもう1つのアルバイトだ。

正直時給も定かじゃない。

一発逆転を狙った好奇心とでも言うか、僕はホストクラブにも所属した。

 

田舎の駅前にある小さな店だが、そんなんでも応募するには随分勇気を振り絞ったものだ。

彼女にも大反対されたが、生きるためにはなんだってやらなきゃと思ったのか。それともただ他の女の子と楽しくやれると思ったのか。

 

本当の理由は自分にも分からない。

だけどいつしかそれは僕と彼女の距離を表すものになっていたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 


「ああ、お姉さんお姉さん!!今帰りですか?いいお店があるんですよ」

「………」

「っ、出たよイヤホン」

 

「イヤホンの時は前に出ていってこうやるんだよ!よっ!お姉さん、ちょっと聞いて、ね!ね!っち、くそブスが!なんも聞いてねぇだろ、くそ」

「全然ダメじゃないすか」

「あぁ、いいんだよ次」

 

 

夜もすっかり更け、僕は数個上の先輩と駅前でお客さんになりそうな女の子をひたすらナンパしていた。

所謂キャッチと言うやつだ。

 

だがこの時間の女の人は会社帰りの真面目なOLか、男慣れした出勤前の夜の蝶。なんにせよただのキャッチに捕まるような奇特な女子などそうそういないだろうが。

 

 

「待ち合わせですか?」

「え、ああ、うん。まあ」

 

そんな最中、先輩から離れて1人キャッチに向かった僕は喫煙所で一人佇む女性に声をかけていた。

 

 

「もしかしてホスト君?」

「そうですー。良かったらどうです?」

「んー、どうしょうっかな」

 

 

こっちはスーツに茶髪、この時間にナンパと来ればキャッチしかないだろう。

それをすぐさま判断して悩んでくれるあたり話が早いかもしれない。

これは行ける、そんな緊張感と高揚感が心臓の鼓動を高鳴らせる。

 

「んー、やっぱりいいやぁ。また今度ね!」

「あ!じゃあアドレス教えとくんでメール下さいよ」

「あ、うん!」

 

 

僕は焦りながらも携帯を出してそのアドレスを教えた。

 

 

暫くしてキャッチから戻れと店から連絡を受け取った先輩と店へ戻る。

僕は遂に自分にも指名客が来るかもしれないとそんなワクワク感に浸りながらいつ来るかわからないメールを待ちながら今日もヘルプでまずい水割りを飲み続ける。

 

 

 

一体時給換算したらいくらになるだろう。

最低賃金の5000円を前借りで自分より若い店長から受け取る。

 

外は既に朝だ。

 

少しの優越感と満足感を抱きながら家までの電車に乗り込む。

この優越感はきっと皆が仕事に行く中帰れると言うそんな小さなものだ。

そして自分はホストなのだと言う子供のような誇り。

 

せめて売れてから言えとも思うが、その時はそれがただ満足だったのかもしれない。

「底辺の味」 第一話

僕はどこかで道を踏み外したのだろうか。

 

でもきっと思える筈だ。

 

こういうルートで味わうものも人生なのだと。

そう思えた時に人生を心底味わえたのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

部活もそこそこに頑張ってきた。

全国大会等と言う大層なものこそ出たことは無かったが、それでも自分には色々な才能が眠っているとそんな幻想を抱えながら気がつけば僕は学生生活に幕を閉じていた。

 

そう、学歴は高卒で止まっている。

 

大学への進学をやめた理由はなんだろうか。特にやりたい事も無い自分が親のスネを齧る事に抵抗を感じた。そんな強がりが後に自分の人生を酷く苦しめる等考えもつかない。

 

その時の僕の想いはただただ親元を離れてこの身一つで生活すること。

そしてそこまで裕福でない実家に仕送りをする事がささやかな夢だった筈だ。

 

 

 

「あぁ、もう休憩終わりかよー」

「短ぇよなぁ!大体あそこから休憩に移動するだけで5分は損してんのに休憩30分だもんな」

「俺は飯いらないから、そのまま働いて時給欲しい」

 

 

だが気づけばもう既に20代も後半に近付き、周りには30から50を越えたオッサン達が日雇いで日々を食い繋いでいる状況。

 

そんな中の1人になっていながらも僕はまだ周りとは違う、まだ若い、先があると密かに思いながら日々をただ生きていた。

 

 

「ああ、俺も普通に税金払って生きてみてーよ。なぁ?」

「え?ああ、そうですね。僕もちゃんとそういうの払えるようになりたいですね」

 

 

 

日雇いに税金は無い。

ましてや確定申告等わざわざ申し出るような人間もいないし、そもそもそんな知識もない。

僕もほとんどそんな知識は無かった。

 

最初こそ新卒で入った会社では税金も引かれていただろうが、一年で辞めてしまった僕には若さゆえかそんな知識がある訳もないのだ。

 

 

なんとなしにこんな仕事をしてていいのかと思い捨ててしまった新卒切符。社員という肩書き。

 

バイトで食いつなぎ、派遣で働き、気づけば日雇い労働者。

もう既にそんな日雇い生活を続けてどれくらいになるだろうか。

 

毎朝自腹の交通費で駅まで行き、そこからバス代を節約する為1時間半歩いて現場の工場まで歩く。

 

朝6時の冬は寒い。

手がかじかみ、耳が痛い。

通り過ぎるスーツ姿のサラリーマンが心の底で羨ましく、いつか自分もそんな生活を手に入れたい。

 

社員という価値を知らずに捨ててから数年、結局今になって思うのはそんな願いだった。

 

 

結局親への仕送りも新卒の時の初給料を8万程送ったきりだ。

それも結局不憫だと返されてしまったのだから結果なんの親孝行も出来ていない。

 

 

そんな自分に毎日嫌気が差していた。

楽しいと思う時もある。

だが心に燻るやるせなさはいつになっても消える事はなかった。

 

 

 

 

 

 

「ああ、お姉さんお姉さん!!今帰りですか?いいお店がありましてね」

「………」

「っ、出たよイヤホン」

 

「イヤホンの時は前に出ていってこうやるんだよ!よっ!お姉さん、ちょっと聞いて、ね!ね!っち、くそブスが!なんも聞いてねぇだろ、くそ」

「全然ダメじゃないすか

 

 

ユーザー車検してみた件

 

どうも、コウソツくんです。

 

いや暑いですね、最近ほんと。

確実にとてつもない死人が出る気がします。

 

そんな中私はですね、買い換えたばかりの中古の軽が車検を迎えるわけです。

 

 

やたらディーラーから心配の電話がかかってきますが、買って半年で車検って言うのもね……ちゃんと整備してくれてますよね?

 

という訳で、今回はユーザー車検と決めていたわけですが。

 

やはり当日となると緊張します。

 

ネットで要領は調べていましたが、書類は大変そうだなと。

 

 

 

結論としては……楽勝でした。

いや、ほんと。

 

 

まず書類なんですが。

以下のものを用意します。

 

・車検証

自賠責保険

・納税証明書(なければないでなんとかなる)

・印鑑

・整備記録(まあ、書いてあれば)

 

こんな感じですかね。

あとは私の場合、軽自動車なので近くの軽自動車教会だったかに予約を入れておくだけです。

 

ググれば問題ありませんので、ナンバーの地域で予約してくださいね。

 

そしてね、着いたら事務所に直行すればあとは勝手に事務員がすべて教えてくれます。

ユーザー車検なんですけどって言うだけで凄く親切に。

 

そしてさらに書類を¥1400ぐらいで買わされ、手数料を払い、自賠責保険の更新で¥27000位とられ、重量税も取られ、¥32000位払った所で今度は車を検査ラインに通します。

 

 

 


f:id:dkanbe0715:20180725071531j:image

 

こんな感じ。

 

検査ラインと事前検査ラインの2つしかここはありませんでした。

 

初めての人は渡された初心者マークをダッシュボードに載せてイザ!

 

 

そんな訳で乗ったまま順番を待ち、その後は以下の内容。

 

係員の指示に従いながら、ちょっと早めに

・左ウィンカー、右ウィンカー、ワイパー、ウォッシャー、クラクション、ハザード、バック、ブレーキ。

と操作します。

 

・その後書類関係をぜんぶ渡し、ボンネットを開けてあげます。車番確認と内装確認を行うみたいです。

 

 

終わると次は排気ガス検査。

 

・係員が渡してくる変なハリガネみたいなのをマフラー内部にぶっ刺して待機です。

僕のマフラーはグリルに隠れてて大変でしたw

 

 

前方上の電光掲示板に緑の○印が出たらOKです。

 

今度は書類の中の検査表(なんか横に矢印のついている用紙)を機械に自ら入れて、OKを貰うみたいです。

 

 

・さて、お次はサイドスリップ検査。

電光掲示板が進めと指示したら、右の白線と右のタイヤが丁度重なるようただゆっくりと真っ直ぐ進みます。

 

それだけ。

電光掲示板に○印がでたらOK。

 

 

・次はライト。

ガチャコン!と前輪を鉄板の窪みに落ちるまで進み、ギアはドライブのままだったかな。

 

この辺がややこしかった。

 

・40キロまでアクセルをゆっくり踏みながらスピードを上げます。

タイヤが空転するのですが、ちょっと怖いですw

 

・メーターが40キロになったらパッシング。

 

・その後はフットブレーキを踏んでくださいと指示があり、思いっきりブレーキを踏みます。

 

電光掲示板に指示が出たり、○印が出たりするけど、全然見てる余裕はなかったw

 

・そのまま今度はサイドブレーキを踏んで検査。

 

問題は次です。

 

・ライトのチェック。

これがなかなか落ちる人が多いらしい。

 

ただライト付けっぱなし&ブレーキ踏みっぱなしのニュートラルだったかな?

私は左のライトの光軸が上がっていてアウトでした。

ダメじゃん!ホンダ整備!

 

 

・それでも検査は進むので最終検査へ。

次の鉄板の上まで前輪を進ませ、サイドブレーキでエンジンを切ります。

 

あぁ、でもハンドルを全開右にするのでアクセサリー電源は入れないと全く動かないので注意。

 

するとそのままリフトアップされ、車体の下をコンコン叩かれます。

 

・ハンドルを左右にクイクイ動かしてーと言われ、それが終わるとハンドル全開左。

そんでまたクイクイ動かす。

 

 

これで検査は終了、な訳ですが。

 

私はライトで引っかかったので車検証は交付されません。

調整し直して、もう1回並びましたw

 

 

まあ近くに車検場ありますか?って聞いたら受付の人が「ライト?」みたいな感じで親切に教えてくれます。

 

20秒で光軸合わせてくれました。

金額脅威の秒速¥1500(笑)

 

 

まあそんなわけで多少の面倒はあったけど、掛かった費用は

 

¥33000。

 

これ、オートバックスだったら絶対6万越え。

ディーラーだったら10万越えなので、節約にはなりました。

 

まあ、どっちにしろ定期点検はした方が車も長持ちしますからね。

皆車検は任せるのが普通です。

 

 

でも貴重な体験ができました。

 

コウソツっぽい体験、是非やってみて下さいね!

 

 

 

高卒がブランドを立ち上げてみる件

 

どうもお久しぶりです。

 

最近世の中への不満や納得出来ない事や、自分と世の中はどうしてこうも乖離しているのかを疑問に思う日々です。

 

まぁ昔からですが(笑)

 

 

そんなわけでですね。

この度は自分の意思をなにかに無性に残したくなったので、ブランドを立ちあげる事にしました。

 

 

ああ、と言ってもすごく、凄ぉーく小さくです。

誰にも分からないぐらい小さく、小さく。

ブランドでもなんでもねーよくらいに。

 

でも私には大きなものとなるように。

 

 

まあ何をしたかという事ですが、ブランドの立ち上げと言えばやはり皆さんファッションと思うでしょうか?

 

海外?日本の向上?ラインを整え、原価調整、ホームページ作成、売り込み。

 

正直そんなものはいりません。

今SUZURIと言うサイトで自分のイラストや、画像等が商品に出来るサービスがあります。

 

 

私は主にフリーランスのロゴデザイナーとして数年やって参りました。

(ここでも言っていますが、大した人間ではありません。)

 

そんな所で、私はこの世の中に発したい意思をロゴにしたため、ブランド化を図ることにした次第です。

 

 

だからこのブランドの商品には一切価値はありません。

いや、そう言うとおかしいですね。

それなりのグッズは作ってくれるのでしょうが。素材に拘って作ることが出来ないのでただお値段高めのグッズでしかないです。

 

 

ただ、私はこの意思を、ロゴに込めた想いと初のマイブランドをこれから少しでも大切に出来ればと思ったり。しています。

 

 

まぁそんなわけで、高卒だってこれぐらいなら誰でも出来る。

 

因みにわたしのブランドを以下に紹介します。そのコンセプトとともに。

 

 


f:id:dkanbe0715:20180625123157j:image


 

ブランド名は[monotone signal]

 

 

モノトーン(ありきたりな世の中)に 


シグナル(黙って従うな)

 

そんなシグナルを発する「monotone signal」。 
この世の中に伝えたいのはただ一つ。

 

ソマルナ、タチアガレ。

 

ロゴデザイナー 
k-designが発する新ブランド、共鳴せよ。

 

 

ロゴはモノトーンのシグナル。

つまり合わせられた世の中。

 

そんな中に1つモノトーンではないシグナルが1つ。

 

どんなに孤独でも、自分のシグナルを見失いたくない。そんな想いを込めたデザインです。

 

 

どうか、自分よ、自分を少しは信じてあげて欲しい。

 

 

以上、高卒君でした。

会社を辞めて何をするかの件

取り敢えず会社を辞めてしまったら

 

スッキリする後に来るものはやはり不安定だろう。

安定した収入が無くなる。

 

と言ってもそれだけではあるが。

 

社会との繋がり?

そんな大層な繋がりなど持っている人間がどれだけいるかって話しさ。

 

しかし会社もやめてしまえばあっという間に他人に成り下がってくれるのだけはとても素晴らしい文化だ。

 

日本はいつからこうなのか。

皆がそんな風な考えで、嘘と偽善を被りながら仲良しごっこを繰り返して会社で過ごす時間。

 

それは配給を待つ戦時中と何ら変わらない気がしなくもない。

 

いつの間にかそんなふうにただ黙っていればお金の貰える環境に甘えていた。

いつしか会社のおかげで自分は偉いと錯覚していた。

 

 

そんなものからの解放は真に生きていると実感する。

 

当面クラウドソーシングでもひたすらこなしてみようか。

それだけでは何か足りない気もするんだが、のんびりバイトでもしようか。

 

いや、バイトをしてはまた元通りか。

 

とにかくがむしゃらに収入源の確保に注視しよう。

 

 

そこから見えてくる事は必ずある。

とりあえず会社辞めてみた件

会社を辞める人間は一体、日に何百人いるだろうか。

 

喧嘩した、給料が安い、人間関係、仕事が理想と違う、パワハラ、いじめ、セクハラ、ノルマ、残業。

 

「それでも誰かのために続ける」が、大人だろうか?

ならば独り身なら好きにやめていい自由があると言うのだろうか?

所帯持ちはその自由がないというのだろうか?

 

そうして結婚へのメリットが減り、少子化になり、人口減少となり、日本が例えば中国の植民地になった時に何と言い訳するつもりだろうか?

誰かのせいにするのだろう。

 

何か違わないだろうか。

特に日本人における大人の定義が私には理解できない。

 

まさかそんな理由をおっ立てて会社を辞めてくる人間もいないだろう。

 

 

「会社を辞めます。社内規則に則って今から14日後に、有休を消化するので、つまり今から退職します、お世話になりました」

 

こんなセリフを唐突に吐かれ、いったい誰がまともに対応できるだろうか。

こんな疑問と考えを抱えていることなど誰も知らず、いつも高卒なりの笑いで世渡りしてきた人間だ。

冗談だと思われるだろう。

 

ポカーンとした上司をしり目に、私は独自で手に入れた退職届用フォーマットに

理由を書くことなど世間で許されていない、決まりきった文言「一身上の都合により退社」の書かれた退職届を未決済箱にいれた。

 

自分のものは既にかたずけている。

机も実はもう片付け済み。

制服も洗濯してロッカーへ。

今着ているものはごみ箱行き。

社章とカードを机に置き、あとは保険証を送り付けて終了だ。

 

冗談だと思われている間に、皆がポカーンとしている間に、

私はさっそうと事務所を後にし、10秒で着替え、会社の門を出た。

 

電話には当然出ない。

これは会社の電話ではないのだから出る必要はない。

 

終わった。

こんなにもあっさりと。

 

どうあっても、会社にいるときは必死であった人間関係も

社内と縁が切れればただの道行く交通人だ。

 

なぜこんな無駄な人間関係に疲労し、自由を我慢し、それにより更なる破綻を招いていたのか。

 

それはただ一つ、月たかだかの20数万のため。

たった20万を必死で、守り、胃を痛くしても、吐き気がしても、泣きたくなっても、心を傷付けられても、夫婦仲を悪くさせられても、月にもらえる20マンの為に。

 

私は何をしていたのだろう。

 

まるで長い催眠から目覚めたようだった。

 

よくある話だ。

これが絶対と理解していたのに、それはただの幻想だったという話。

 

昔国民は戦争することが正しいと本気で思っていた。

だから竹やりで訓練していた。そう教えられたから、小さい頃から。

だからそれが正しく、当たり前の常識だった。

 

今そう思う人間がどれだけいるだろうか?

 

ただの催眠なのだ。

 

ほとんどだれも気付いていない集団催眠を、私たちは恐らく国に仕込まれている。

 

私は気づいた。

そしておそらく同じくして会社を辞めた人間も、独立した人間も

 

たった20マンの為になぜ生まれてきた意味すらなく、ただ生き、ただ死んでいくのだろうか、国が仕込んだ常識のために。

まさに愚の骨頂とはこの事だった。

 

これが誰かに伝わることはないのかもしれない。

集団催眠なのだから当然だ。

 

だが、私は抜け出したいと思う。

 

その困難をコウソツらしく

綴りたい。