高卒の俺が・・・

高卒の俺が何とか色々もがいて生きたそんな証を此処に記す

家を買うか、否か、の件

 

どうも、コウソツクンです。

 

このブログはまあ、墓まで持っていくようなつもりで思ったことを綴る所でありたいと思って始めた訳ですが。

 

 

やはり、どこで誰が見てるか分かりませんのである程度隠し事は隠さなければいけない訳で。

 

そうすると結果無難な話題になってしまいまして……と、前置きはこの位にしますw

 

 

さて、三十路も超えてきますとね。

周りがだんだん引っ越して行くわけです。

 

若い頃なら、むしろ独神(敢えて)なら気になることも無かった他人の引っ越し。

 

この他人の引っ越しの問題点は、相手も大体同じ年であるという所で。

 

 

まぁ直球で言うと、周りの人がどんどんマイホームを買って引っ越して行くわけですよ!

 

 

まぁ、みんな何れ買うならそろそろ買わないとローンがっ!って言う年頃だからなんですけどね。

所謂後発組で、焦燥から決意を決めるパターンです。

 

 

本当に考えてる人なら、人生設計的には20代半ばで買うべきものですが。

 

死んだら無効になるローン保険等をかけて買うのでしょうね。

あんまり歳いくと通らないですし。

 

 

そんな訳で私も焦りがあるのです。

 

何故ならばやはり世間体があるから。

 

子供がいるとやはり気になる世間体。

だってこの世間体1つで子供がいじめられたり、心の成長すら歪ませる大きな問題になり兼ねないからです。

 

 

あの家は賃貸なんだねぇ。と、多少なりの後ろ指を覚悟しなければならない。

 

今後買う人も減るでしょうが、この世間体文化が蔓延る限りこれからも脈々と受け継がれるマイホーム文化。

 

 

そして無理して借金を背負い買ったマイホーム組は、幸せの対価として背負った不幸を当然ながら周りにも共有したがる筈です。

 

 

それはそうでしょう。

 

皆自分だけが不幸なんて嫌です。

 

みんなで不幸を分かり合いたいのが凡夫というものです。

 

 

と、そこまで分かってはいるのですが。

 

やはり踏み込めない。

 

 

家が今後ゴミになるのは明白だから。

 

高齢化、少子化

今まで幾千も建ててきた家達。

一軒家も、賃貸も、人が減れば余る余る。

 

年数が経てばゴミ同然。

 

値段は下がる一方。

 

短絡的に見ればまだ家賃収入で稼げるかも知れませんが、不動産投資としては下火も下火。

 

買うなら都内か、北海道、沖縄の土地位しか日本では価値がありません。

世界の目で見たらそうでしょう?

 

 

同じ家賃を払うなら買った方が。

 

それはそうかもしれません。

 

家賃5万なら残り30年で2000万程度の出費。

マイホームを30年なら途中リフォーム込で3500万。

 

いつでも引越し可、壊れたら無料で交換の賃貸。

 

世間での安心と優越感のマイホーム。

 

その差1500万!

 

 

やっぱり買えねぇ!!

 

 

仮に700万程度のマイホームを10年使い捨て。これなら賃貸5万の10年と同等。

 

500万の別荘10年使い捨て。

これもほぼ同等。むしろリフォームに金がかかりマイナスの可能性。

 

 

そうなるとやはりマイホームを買うなら20年は住む予定でなければならない。

その間にリフォームは必須。

そう考えると賃貸より完全に得をするには、500万程度の家で20年持たせなければならない。

 

500万のクオリティでそんなのは有り得ない。

 

 

逆に2500万のクオリティで元をとるには、否賃貸より得をするには……

リフォームを加味して70年は住まなければならない。

・5万×70年=4500万(更新料等含む)

・2500万+70年中のリフォーム=3500万

 

実質10歳で家を買えば賃貸より得となる計算だ。

それでも寿命を80、リフォーム代も大分負けてこれ。

 

つまる所死んでチャラにするしかないヤクザ理論。それまで精々利息頂きます商法。

 

 

こんな簡単な商法に乗るのは、正直ただ世間体と言うものがあるからで。

 

皆は知らない誰かの他人の目に1000万をお支払いしていると言っても過言ではない。

 

つまり皆は同じく不幸にしたい筈の他人に1000万を配っている事と同意。

 

そりゃ許せるわけがない。

マイホームを勧める筈である。

賃貸を非難する筈である。

 

 

という事はここで1つ。

答えは出てしまっている。

 

得なのは賃貸だと言う事を、誰もが認めているのだ。

 

 

以上、毎度話題がズレるコウソツクンでした。

 

日本でこれ以上に安く靴を買えるのだろうか?

 

こんにちは。

 

今日はただの記念にブログ書いてます。

 

え?

そうそう、なんの記念かと言えばそれはタイトル通り。

 

こんな激安で靴を買えたことありますか!?的な話です。

 

 

まぁ私オシャレにはとんと疎くてですね。

服とかも嫁に半強制で買わせられたり、勝手に買われたり、みたいな感じなんです。

 

まあ、小学生みたいなもんですね。

いや、頑張ってもオシャレがわかんないんですよ!

 

強いて言うなら好きな格好したいのに、世間がそれをダサいと言う。

 

なので、それならもういっそ裸で生きたいみたいな。

 

 

とにかくそんなわたしな訳ですが、安いものには目がありません。

 

 

という訳で、そんな私は嫁の買い物に付き合いながらあるものに目を留め

 

即買いしたある靴を記念に載せたいと思うのです。

 

 

さあ、これ。

 

 


f:id:dkanbe0715:20180305093044j:image

 

 

 

元々¥500で売ってました。

それでも即買いレベルなのですが、レジを通すとお馴染みTポイントが430Pありますよ?

 

って具合で使うとなんと!

 

 

お会計¥70でした。

 

 

こんなおシャンてぃーブーツが70円とは。

デフレ脱却してんの?

 

みたいな感覚になりました。

 

まあ、そんな話ですww

 

 

ではアデュー!

安全第一と士農工商って似てない?

 

どうも高卒くんです。

 

最早カタカナでコウソツ君と言うのも面倒になってきたのでストレートに行きますw

 

 

コンプレックスはそこまで感じてませんが、日本の文化ではやはり1つのプロ資格として大学生での専攻が上がるので

あると言えばあるかもしれません。

 

私がなにかのプロになりたいと思った時、やはりその大学に行ってなければ自分をプロとは認めづらいので。

 

 

さて、今日は会社や工場現場のトラックでよく掲げられる1つのスローガンに疑問を呈したいのです。

 

「安全第一」

 

うるさいですね。

今は特に、何か怪我でもすればすぐ会議です。

 

労災隠しや責任問題になるからなのですが、怪我して始末書ものになる風習もおかしな話で。

 

今や大体の現場では何よりもこの「安全第一」を重視します。

 

品質よりもまず「安全第一」

売上よりもまず「安全第一」

 

と。

 

 

もうやめて欲しいですね。

 

本当は思ってもないことをぶつくさ言うのは。

 

結局売上が!

もっと頑張れ!

残業はするな!

安全第一!

 

 

もう本性が出ちゃって矛盾がすごい。

 

分かる、分かるよ。

 

責任とらずに定年までいたいのは分かるよ。

 

でも順序があるから。

アッチもこっちも手に入れるのは欲張りすぎだから。

 

 

ええ、話はズレましたが。

 

 

今回この「安全第一」を見ていてふと思ったのです。

 

 

本来なら僕は「売上第一」とトラックにでも記載してほしいと思うのですが。

 

そんなカネにがめつそうな会社に誰が頼むのか。

となるであろう現社会の風紀はやはり江戸時代から何も変わってないのだと。

 

 

士農工商

 

これは格差を表したものですが。

 

武士が国のために動くので1番。

農民は国の為に働くので2番。

職人は上2つのためにものを作るので3番。

そして商人は稼いで私腹を肥やすので最悪。

 

とこういう順序です。

 

まあその下に奴隷がいたのは言わずもがなです。

 

 

この商人が一番下と言う概念。

 

金は汚いと言う日本の概念が今も残っている。

 

そのため、本当は金が一番なのに

金は汚いと最下位に落としておく。

 

 

それが今回の安全第一によく似ているなとそういう話がしたかった訳です。

 

 

派遣が奴隷で

社員(農民)の安全が1番。

といいながら本当は売上第一。

 

まあそれで日本の平穏が保てるならいいですけど。

 

さてさて、そんな日本が今変わりそうな雰囲気があるのも知っていますか?

 

 

それは国民一億総活躍社会。

 

これにより国民へ副業の推奨がされています。

 

つまり国はもう飽きたのです。

 

もう売上第一バレちゃってるからオブラートに包んでもしょうがないと言っているのですね。

 

個々の実力で稼いでください。

会社や国に頼らず、さあ頑張ろうと。

 

 

つまりこれは実質

士農工商世界から

 

士商農工の社会になりつつある証明でもあるような気がします。

そして次期に士商工農に。

 

 

取り敢えず俺らは1番だけど。

次は稼いだ順ね。

 

つまり、金を掘るのにスコップを売った人が1番儲かる的な海外の思想です。

 

 

国は守られ。

賢い実力者が

馬鹿で実直な職人のものを高く農民に売る。

 

本来あるべき資本主義社会がすぐそこまで来ているような気がしませんか?

 

 

かく言う私も当然高卒なので農民に位置します。

 

こんな方は多くいるはずです。

 

ただ雇われてその日を暮らす人は。

 

だから自分にも言い聞かせて行動しなければと常に言い聞かせるのですがなかなか、ね。

 

まあそれでも死ぬまでに何とか起業ぐらいはして、そこそこ食べていきたいです。

 

 

そんな話でしたハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ

 

最近の出会い系アプリは会えるのか検証するの件

 

どうもお久しぶりです。

 

コウソツクンです。

 

 

大分更新も久しぶりですが、久しぶりにブログアプリを開いたらアクセス解析でブラウザに繋がって戻れなくなりました。

 

バグってんのか?

 

 

と、さて今回はあまりに暇なので

10年ぶりに出会い系を覗いて見ることにしました。

 

 

私が学生の頃はですね、出会い系全盛期でしたよ。

 

○○ふれんど。とかスター○○とか、まあ大体出会えましたし。

そのまま関係を持つなんて当たり前でした。

 

と言うかみんなワンナイトに燃えてたのかな、特に女の人の方が。

 

 

時代も変わって、今やダイヤルQ2、デリへルも下火。

コンビニではエロ本も売られなくなり。

 

ただまぁ、携帯だけは進化して

ブラウザ上というよりアプリで簡単に出会い系を遊べる時代。

 

 

しかしサクラ、業者ばかりで本当にリアルな人はいるのだろうかと疑問も多いのです。

 

アプリなんて気軽なものになると、このアプリ自体が架空で、自分1人がAIにでも相手されている気分になるのですよね。

 

 

そんな中、ネットにはここなら会えた!

とか、出会い系アプリはここにしとけ!みたいな事が書いてあります。

 

本当っぽい事を書いて、お金もコレぐらいかけてとか。

 

でも実際どうなのか。

業者しかいないアプリに無駄金は使いたくありません。

 

そんなわけで、私は無料の範囲で本当の人間にアポが取れるかチャレンジしてみたいと思った訳です。

 

 

 

 そんなわけで取り敢えずは、登録数最大と言われるハッピーメールに登録してみます。

 

 

ハッピーメールは年齢確認や、顔写真の登録でポイントが貰え、相手にメールを送るのも安いのでなかなか無料で長持ちしました。

 

年齢確認に使う証明書ですが、心配ならネットから適当に拾って、画像加工してしまえばそれで通りますw

 

まあ、と言ってもですね、そこまで苦労したにも関わらず。

 

 

 

正直全員運営側かと思う状況でした。

 

メールしても、その他のアプローチ方法をしても

全く無視されます。

 

逆にそんな行為をした瞬間、他の女性からアプローチが来るのです。

 

向こうから来るメール。

長文はまずアウト。

短文もアウト。

基本的にリアルな女性は自分からメッセージしません。

 

こっちから送っても既読無視されます。

 

その後、こちらのログインと行動を監視しているかのようにセフレになってとのメッセージが返ってくる。

 

正直話になりません。

孤独になります。

 

ここには自分以外リアルな人間はいないという錯覚に陥ります。

 

 

まあ、分かってはいましたが

今の時代出会い系なんて流行ってないのかなぁと思いながらも。

 

また次も検証してみようと思います。

 

 

ではまた!

 

 

 

 

禁煙は無理でしたの件

お久しぶりです。

 

コウソツ君です。

 

 

アイコスから始まり、グロー。

ベイプや、その他水蒸気系。

随分やりました。

 

 

その結果を今回お伝えしようかと。

 

 

 

 

ズバリ、全て元通りになりました。

 

 

 

 

はい。そんな感じです。

結果何も変わっていません。

無駄に流行りものを買っただけでした。

 

数カ月はタバコはアイコスのおかげで吸わなかったのですが、今日のアイコス値上げ騒動で考えてしまったのです。

 

 

じゃあgloなら!

 

と、グローなら安いのですが、何せこれが絶大にマズイ!そして臭い!

アイコスは慣れたのにグローに限ってはいつまで経っても臭い!

 

と言った経緯があり、耐えられずグローも無駄にしてしまいました。

 

再度アイコスに戻ろうとも、今度はアイコスの調子が悪く、そして壊れました。

 

 

そんな事もあって、この際だからと禁煙を決意するのです。

 

ですが、当然ながらニコチン依存症はほとんど覚せい剤レベル。

簡単に辞められる訳がありません。

 

 

保って5日でした。(汗)

 

 

そんな私はベイプを吸いながら、物足りなくなったらたまにタバコを吸う。

 

これなら許されるだろう。

これぐらいならタバコも一週間に一箱で十分。

 

的な思考に切り替えようと思い、頑張りました。

 

 

はい、一本吸えばまた一本吸いたくなる。

 

 

タバコとはそういうものです。

 

 

結果、元通りです。

 

何事もなかったかのように、今私はタバコを吸っています。

 

 

ダメですね。

 

 

仕事のストレス、家庭のストレス、色々言い訳をつけて何も実らない。

 

成功しない奴の典型と言われればそのとおりです。

 

 

正直、最近めずらしく仕事で怒られ続け

副業もあまりうまく行かず。

 

 

未来へのヴィジョンが何も見えなくなってしまったのです。

 

 

そんな心の闇にタバコはすぐさまピタリと入り込みます。

 

 

でも、こんな私でも。

 

 

何も取り柄がない、学もない、意思も弱い、運もない。

 

そんな私でも生きています。

 

 

そんな事を伝えて、皆に勇気を与えるのが

 

 

このブログの起源だと思い返したのでした。

 

 

 

原点回帰。

 

 

行き詰まったら原点へ。

 

 

やり直しですね、また一から、いや、二ぐらいにはなってるかな?

 

 

 

てなわけで人生長いですし、今度は二からスタートします!

 

 

 

アデュー!

上司、会社にムカついた時どうするかの件

 

お久しぶりの更新です。

 

 

ずっと出張とかしてまして。

サラリーマン風やってる私コウソツ君です。

 

 

さて、今回は

よくある上司や会社へのイラつきをどうしたら収める事ができるかって話です。

 

 

何年か同じ会社にいると、今まではマシだと思っていた所でも色々な黒い部分が見えてきますよね。

 

 

学歴もあり、高収入で、何十年も同じ仕事をしているのにも関わらず馬鹿な!?

と思わず言いたくなるような人達。

 

こんな体制でよくそんな規定を考えたね!?

みたいなルール。

 

 

 

ええ、私もね。

一杯ありますし、毎日愚痴が耐えません。

 

もうそんなに言うなら辞めたら?

と言うぐらい言います。

 

 

まぁでも言う位はいいでしょ?

いいと思うんですよ。

 

 

ただね、下期にもなると忙しくなって

ただでさえイライラするのに

 

それプラス相変わらず馬鹿な行動を次々と起こしてくれる上司や役員。

 

 

いい加減ブチン!

といきそうになります。

 

 

私、今回の出張で遂にブチンの一歩手前まで行きました。

 

 

もうクビ覚悟、と言うか若きあの日のようにその場で辞めて帰ろうかと思いながら常務に楯突いてしまいましたよ。

挙句に取引先のお偉いさんにまでね。

 

 

結果的にはまぁ、辞めずに帰ってきた訳ですが。

今後どうなるかはまあ置いておくとして。

 

 

 

さて、そこまでの怒りを私は何とか一晩のうちに収めた訳ですが。

 

 

その方法はネットでたまたま見た記事でした。

 

 

 

【人が怒りを感じる時とは、どんな時か?】

 

 

 

それは自分の中にあるルールを人が破った時、守れない時だそうです。

 

 

言われてみればそう、人は皆自分の中に何らかのルールやポリシーを持っている。

当然私もあります。

 

 

そしてそれを他人ができない時、そのルールの範囲外の時、怒りを感じるんですね。

 

 

 

こんなの出来て当たり前、とか。

 

こう言う時は普通こうするべき、とか。

 

自分ならこうするのが当然、とか。

 

 

 

皆自分のルールを持っています。

それは一般常識や法律と言うものも含めて解釈されたマイルールなのです。

 

それが体に染み込み、いつしか絶対的なルール、常識と勘違いしてしまう。

 

 

 

皆が皆そういったマイルールを持っている訳で、という事はつまり皆が違うルールで試合をしているようなものだと気付かされたんです。

 

 と言うか、みんなが自分の好きな種目の競技をやって争っている。

 

 

例えば

私がテニスをやっているなら、当然相手もラケットを持って玉を打ち返して来るものだと思います。

 

でも相手がいきなり石を拾って投げつけて来たら?

 

びっくりどころか、キレますよ?

意味分かんないもん。

喧嘩売ってんの?って。

 

 

でも相手は大真面目なんですよ。

 

 

相手は大真面目に石で水切りをしていただけなんです。

 

だから相手からしたらラケットで玉を打つなんて、、、向こう岸に届くに決まってんじゃん!

 

となる訳ですね。

 

 

まぁ、正直これぐらい意味不明なんだなと。

私気づいたんです。

 

 

そんな人と分かり合えるはずが無いんですよね。

相手もそう、此方を理解なんて出来ません。

 

 

 

だから自分と違う人に惹かれるなんてあり得ません。

 

 

惹かれるならそれは何処かが似ているから。

何かのルールがその人と一緒だから。

 

 

 

そう思ったら、すごくすっきりしました。

 

 

最初から分かり合える筈がないと知っていたらイライラなんてしない。

 

 

少しでもこちらの気持ちを、何かを分かってもらおうとする。

でも咬み合わない。

だからイライラするんだなと。

 

 

 

人は何処かで同じルールを持っている人としか分かり合えません。

 

 

もし分かり合えない人が身近にいたら

 

分かり合おうと努力などしなくていい。

 

 

それは全く無意味で、絶対に無理な事だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

北朝鮮とミサイルと戦争の件

 

こんにちわ、コウソツ君です。

 

今日は巷で噂の北朝鮮ミサイル発射予定候補日という事で、久しぶりにそのネタで一つ。

 

 

ミサイルの心配や、日本は憲法9を改定し戦争するのか等。

色々な心配をしている方もまあ、いるかもしれません。

 

各言う私もある考えで金に投資を切り替えたのですが、どうやらタイミングがベスト最悪でとんでもないマイナスです。

 

 

さて、それはさておき、北朝鮮は本当にやる気か?

 

的な話に戻ります。

 

 

 

解っているかとも思いますが、基本的には北朝鮮もアメリカの兵器ビジネスの立役者になるのでいちいち戦争する理由はありませんね。

 

先進国は儲かればそれでいいのですし、アメリカにまともに楯突く国なんてそうありません。

 

ロシアぐらいでしょうか。

アメリカの意図に反して兵器ビジネスのライバルとなってしまうのは。

 

だからまあ、アジア諸国はすべてアメリカのビジネスに付き合う為、パシリになるしかないですね?

 

アメリカも当然眼中に飛ぶ無視といえばやはりロシアぐらいでしょうか。

 

 

外交は学校のヒエラルキーに例えればわかりやすいです。

 

 

アメリカは桁外れに喧嘩の強いキザな奴。

ヤンキーを成敗しながら、本当は裏ですべてをあやつっている。

 

ヤンキーはパシリにパンを買わせる。

 

 

つまりここで言う北朝鮮がヤンキーであり、パンを買うのは日本という感じです。

 

 

ヤンキー(北朝鮮)に、いじめられる子(日本)がキザな喧嘩の強い奴(米)に守られる。

でもそれを仕組んでいるのはキザな喧嘩の強い奴(米)。

 

 

的な感じ。

 

 

 

と言っても、外交が学校と唯一違うのはその仕組みをすべての国が知っているという事。

 

 

知っていながらやらざるを得ない、演技せざるを得ない、演技とわかりながら対応せざるを得ない。

 

 

そんな大人のやり取りがあるわけです。

 

そこは会社のやり取りと同じです。

 

 

 

さて、では私はそんな中、何故戦争が起こりそうと金へ投資したかですが、、、

 

 

 

私はですね、北朝鮮がそろそろ限界と思ったからです。

 

 

北朝鮮は自壊します。

これはよく言われていますが、なかなか潰れません。

 

ですが今回はアメリカも結構な制裁を行いました。

これはそろそろ北朝鮮は終わりかなと言う所を現した気がしてならないのです。

 

 

アメリカからすれば北朝鮮のような因子は他にいくらでも作れる訳です。

 

次の北朝鮮役が見つかり次第、アメリカは北朝鮮を無視です。

 

北朝鮮はもうすでに生きられる国ではありませんし、再建できる力も優秀な人材もありません。

つまり、【やけくそで核ミサイルをマジで打ち込んでくる】可能性を私は見ていたわけですが。

 

 

その場合、北朝鮮のミサイルはアメリカまで届きません。

 

日本圏内が限界なわけです。

 

島国の癖にと最後にかます可能性は捨て切れません。

 

 

そして、ミサイルが日本に落ちれば、多少の被害が出ます。

 

復興はどうなるでしょう?

金利は?

 

円高、相対的にドル安。

 

 

これが狙いだった訳ですが。

 

 

どうやらこれは早すぎたようです。

 

 

そろそろかと思ったのに残念ではありますが、とりあえず金はもう放置で

 

もう一悶着終わったあたりで今度はAI投資でもしてみようかと思います。

 

 

 

おっと、話はそれましたが

戦争の可能性は安倍さんが首相である限りないです。

 

女性が首相になると危ないです。

 

ただミサイルはやけくそで打ち込まれる可能性があります。

 

 

今回はそんな話をしてみました。