読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高卒の俺が・・・

高卒の俺が何とか色々もがいて生きたそんな証を此処に記す

高卒の俺が副業を始めた件

どうも、高卒です。ww

 

この自己紹介もいい加減卑屈と言われそうですがそうでもないわけで。

 

これは世間へ向けた嫌味であって、自分的には根拠のない自信にまぁまぁ溢れているので大丈夫ですw

 

 

 

それでまあ今回は高卒のよくある悩み。

そう、お金ね。

 

 

まあ俺は今大企業の子会社、つまるところ大企業の要らない社員を捨てる天下りにいるわけなんだけども。

 

まあここの人間の安定思考はヤバイ。

 

安定思考っていっても保身とかではなく、安心しきってる思考ね。

 

危機感がまったくない。

 

 

自分が首になるとか、倒産したらとか、そういった危機感が皆無なのだ。

 

 

この前ビックリしたのはこんな台詞。

 

 

「俺全然土日も出れるよ、給料なんてどうだっていいし!」

 

 

おいおい……お前は教育者の鏡かなんかか?

 

少しイラッと来たので「じゃぁ給料要らないな、ボランティアでやってやれよ」

 

とまあ言ったら

安いとは言わんから少しはくれよと返してきたのでそこはとりあえず許すことにしたww

 

 

 

そんなこんなで基本的に高卒のいないこの会社は世間の厳しさを殆どしらない人間だ。

 

俺が子会社とはいえ、そこの社員になれたのは奇跡にも等しい。

ただまぁ給料は頑張るコンビニアルバイターとそう変わらない。

職人の足元にも及ばない給料だが。

 

 

ただまぁ、団塊世代団塊ジュニアにはちらほら高卒もいるが、基本的に学士とマスターしかいない。

 

 

まあ何が言いたいかと言うと、彼らは金に対しての欲望が殆ど無いのだ。

それは生涯収入が安定して、50歳位になる頃には確実に年収が800程度になると言うのが分かっているからだろう。

 

 

多少今後不景気になる事が分かっているとはいえ、彼らの安心思考は今のところ不動だ。

 

 

だが俺は違う。

天下り子会社の高卒である俺は生涯昇進しない。年収も恐らく400が限界だろう。

それが分かっていても転職先なんて大したものはない。

 

 

高卒の勤め先等たかがしれている。

 

日給は高いが完全に体力勝負の職人か

一生給料の変わらない派遣か

歩合の不動産、携帯販売。

 

こんなものだ。

 

給料をとって精神と体を潰すか、精神と体をとって結局貧困から精神と体を潰すか。

 

 

まあ詰んでるな。

 

だから今の俺は恵まれている方だろう。

 

 

 

そう、で何が言いたかったかというと。

 

せめて俺達、中卒高卒は金を切望せよ!と言うことだ。

金、金、金!金に対する欲望を常に持とうぜ、と言う話。

 

 

つまり副業しようぜ、って話になる訳だ。

 

 

怪しげな話でも、儲からない話でも、とにかく興味をもって何でもチャレンジして、いつか金持ちになる目標を常に抱こうと言う話。

 

 

つまりハングリーだ。

 

俺は今が幸せ。

 

なんて言うなよ!

 

この生活でも十分。

 

なんて言うなよ!

 

 

周りとか世間とかどうでもいい。

 

 

なんて言ってんじゃねーぞ!!

 

 

俺達は恨まれる位に稼ぎ、嫌味を言われる位に金持ちになって、そしてその時初めて

 

「周りは周りだから」と達観した事が言えるんだ。

 

 

月収30万の職人で満足するなよ!

親方は幾ら貰ってると思う?

 

月収20万とボーナス付きサラリーマンで満足するなよ!

仕事しない団塊は年収幾らだと思う!?

 

 

そう、そんな訳で俺は副業を始めようとおもった訳だ。

 

ネットにはビジネスの話が腐るほど転がっている。

稼いでいるやつはひっそりと皆稼いでいる。

 

だから片っ端からやることにしたんだ。

 

クラウドワークス。

ランサーズ。

 

これは色々な仕事が受注できる。

 

 

パソコン一つで簡単な仕事も受けられる。

 

データ入力なんてのは誰でも出来るし、アンケートモニターも簡単。

 

 

だが安すぎる!!

 

数百円しか稼げない。

 

 

駄目だ、こんなのでは話にならない。

 

 

と言うわけでデザインをやることにした。

 

単価が高くて一件で数万。

 

夢がある。

 

ただデザインなんてわかるとおもうが、高卒の俺が出来るものではない。

 

 

だがやってみる。

 

 

素人がデザインやってみるんだよ!!

 

 

いいか、成せばなる。

 

なるまでやるから成功者だ。

 

次回報告をまて。