高卒の俺が・・・

高卒の俺が何とか色々もがいて生きたそんな証を此処に記す

家を買うか、否か、の件

 

どうも、コウソツクンです。

 

このブログはまあ、墓まで持っていくようなつもりで思ったことを綴る所でありたいと思って始めた訳ですが。

 

 

やはり、どこで誰が見てるか分かりませんのである程度隠し事は隠さなければいけない訳で。

 

そうすると結果無難な話題になってしまいまして……と、前置きはこの位にしますw

 

 

さて、三十路も超えてきますとね。

周りがだんだん引っ越して行くわけです。

 

若い頃なら、むしろ独神(敢えて)なら気になることも無かった他人の引っ越し。

 

この他人の引っ越しの問題点は、相手も大体同じ年であるという所で。

 

 

まぁ直球で言うと、周りの人がどんどんマイホームを買って引っ越して行くわけですよ!

 

 

まぁ、みんな何れ買うならそろそろ買わないとローンがっ!って言う年頃だからなんですけどね。

所謂後発組で、焦燥から決意を決めるパターンです。

 

 

本当に考えてる人なら、人生設計的には20代半ばで買うべきものですが。

 

死んだら無効になるローン保険等をかけて買うのでしょうね。

あんまり歳いくと通らないですし。

 

 

そんな訳で私も焦りがあるのです。

 

何故ならばやはり世間体があるから。

 

子供がいるとやはり気になる世間体。

だってこの世間体1つで子供がいじめられたり、心の成長すら歪ませる大きな問題になり兼ねないからです。

 

 

あの家は賃貸なんだねぇ。と、多少なりの後ろ指を覚悟しなければならない。

 

今後買う人も減るでしょうが、この世間体文化が蔓延る限りこれからも脈々と受け継がれるマイホーム文化。

 

 

そして無理して借金を背負い買ったマイホーム組は、幸せの対価として背負った不幸を当然ながら周りにも共有したがる筈です。

 

 

それはそうでしょう。

 

皆自分だけが不幸なんて嫌です。

 

みんなで不幸を分かり合いたいのが凡夫というものです。

 

 

と、そこまで分かってはいるのですが。

 

やはり踏み込めない。

 

 

家が今後ゴミになるのは明白だから。

 

高齢化、少子化

今まで幾千も建ててきた家達。

一軒家も、賃貸も、人が減れば余る余る。

 

年数が経てばゴミ同然。

 

値段は下がる一方。

 

短絡的に見ればまだ家賃収入で稼げるかも知れませんが、不動産投資としては下火も下火。

 

買うなら都内か、北海道、沖縄の土地位しか日本では価値がありません。

世界の目で見たらそうでしょう?

 

 

同じ家賃を払うなら買った方が。

 

それはそうかもしれません。

 

家賃5万なら残り30年で2000万程度の出費。

マイホームを30年なら途中リフォーム込で3500万。

 

いつでも引越し可、壊れたら無料で交換の賃貸。

 

世間での安心と優越感のマイホーム。

 

その差1500万!

 

 

やっぱり買えねぇ!!

 

 

仮に700万程度のマイホームを10年使い捨て。これなら賃貸5万の10年と同等。

 

500万の別荘10年使い捨て。

これもほぼ同等。むしろリフォームに金がかかりマイナスの可能性。

 

 

そうなるとやはりマイホームを買うなら20年は住む予定でなければならない。

その間にリフォームは必須。

そう考えると賃貸より完全に得をするには、500万程度の家で20年持たせなければならない。

 

500万のクオリティでそんなのは有り得ない。

 

 

逆に2500万のクオリティで元をとるには、否賃貸より得をするには……

リフォームを加味して70年は住まなければならない。

・5万×70年=4500万(更新料等含む)

・2500万+70年中のリフォーム=3500万

 

実質10歳で家を買えば賃貸より得となる計算だ。

それでも寿命を80、リフォーム代も大分負けてこれ。

 

つまる所死んでチャラにするしかないヤクザ理論。それまで精々利息頂きます商法。

 

 

こんな簡単な商法に乗るのは、正直ただ世間体と言うものがあるからで。

 

皆は知らない誰かの他人の目に1000万をお支払いしていると言っても過言ではない。

 

つまり皆は同じく不幸にしたい筈の他人に1000万を配っている事と同意。

 

そりゃ許せるわけがない。

マイホームを勧める筈である。

賃貸を非難する筈である。

 

 

という事はここで1つ。

答えは出てしまっている。

 

得なのは賃貸だと言う事を、誰もが認めているのだ。

 

 

以上、毎度話題がズレるコウソツクンでした。